« 一音節語をめぐって(その24) | トップページ | 一音節語をめぐって(その26) »

2024年4月28日 (日)

一音節語をめぐって(その25)

「み」の一音節語と言えばと言えば、まず「身」である。
「み=身」の原義は人間の身体そのものだから、意味も使い方も多い。

「み=身」単体で一音節語的に用いることはあまりないが、慣用句的によく使う。
「身を投げる」、「身が持たない」、「身につく」、「身を落とす」、「身も蓋もない」、「身から出た錆」、「勉強に身を入れる」,
「身が引き締まる思い」などのように。
広辞苑にはこの種の慣用句が50以上も出ている。

それから「み=実」がある。
「椰子の実」のように樹木にみのる果実のようなものである。
それだけでなく、「味噌汁の実」のように中身を意味することもある。
中身の身と実は音も意味も共通しているように思える。

一音節語ではないが、「み=美」は意味がいいので女の子の名前によく使われる。
直美とか昌美とか美穂子とか美祢子とかのように。

「み=美」は広辞苑には載っていない。
漢和辞典では「美」の字音は漢音で「び」、呉音で「み」」と出ている。
したがって、この場合の「み」は字音なのだろう。

さらに「み」は美称の接頭辞として用いられることがある。
「み吉野」、「みこ」、「おみ足」などのように。
この場合の「み」には「御、美、深」などの漢字を当てる。

また、「み」は形容詞の語幹について名詞化する接尾辞としても機能する。
「深み」、「高み」、「重み」、「甘味」、「苦味」、「ありがたみ」のように。

日本語で「み」と発音する漢字は少ない。
もちろん一音節語ではない。
「未完成」の「未」、「味覚」の「味」くらい。

ただし、「味」の訓である「あじ」は一音節語として使われている。
「味なまねをしやがって!」、「味が薄いね」、「ひとあじ違うおもむき」などのように。
味なことばである。

次の「む」は、和語でも漢語でも一音節語はない。
珍しい音節である。

「む」と読む漢字としては、ただ一つ「無」が広辞苑に載っている。
「無理」、「無駄」、「無意味」など日常常会話でも割によく使う。

一方で、哲学的、思想的な漢字でもある。
「有」と対立しているから、その意味で私たちの生存にとって根源的な意味を持っている。

ほかに「夢」がある。
「夢中」とか「夢遊病」とか言うが、広辞苑の「む」の項には出ていない。
いっぽう、明鏡国語辞典には出ている。

広辞苑の場合、「無」に比べて「夢」は無視してかまわない、ということだろうか?
このあたりの編集方針の違いが面白い。

|

« 一音節語をめぐって(その24) | トップページ | 一音節語をめぐって(その26) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一音節語をめぐって(その24) | トップページ | 一音節語をめぐって(その26) »