« レヴィ・ストロースとヤコブソン | トップページ | 哲学と言語(その2) »

2022年11月27日 (日)

哲学と言語

まるでそのつもりはなかったのだけれど、なりゆきのおもむくままむずかしい人たちを何人も取り上げてしまった。
しかもヤコブソンを除けばフランス語で書いた人たちばかりだ。
フランス語はむずかしいことを書くのに適しているのだろうか?

内田樹さんによると、フランスは日本よりはるかに強固な階層社会らしい。
エクリチュールも階層ごとに縛りがある。

このブログで取り上げた人たちのエクリチュールは、階層上位の人たちを相手にしている。
つまり、「わかる人にはわかる」のだ。
だから、かれらは平気でむずかしいことを書ける。

そもそも階層下位の人々はかれらの書いたものなど読まないから、日本のように「むずかしすぎるよこれ」と文句を言う読者などいないのだ。

ところで千葉雅也さんの「現代思想入門」によると、このブログで取り上げた現代思想の源流はニーチェ、マルクス、フロイトに始まるらしい。

何とこの人たちはみんなドイツ語で書いた人たちだ。
そういえば、ひとむかし前まで「哲学はドイツ」というのが相場だった。
たしかに哲学者と言えばカント、ヘーゲル、フッサール、ヤスパース、ハイデガーなどドイツの人の名前がすぐに浮かんでくる。

でも、この傾向は第二次大戦とともに終わったようだ。
それ以後中心はフランスに移る。
そのシンボルがサルトルでありボーボワールだった。
戦後しばらく、日本でもこのふたりが若者たちの知的ファッションみたいになっていた。

やがて実存主義から構造主義に流行が移って、このブログで取り上げたような人たちがあらわれるのだ。

そして、今はどうか?
ドイツもフランスも凋落したのではないか?
少なくとも、若者のファッションになるような思想や哲学は見当たらない。
ドイツもフランスも私が読んでみたい(翻訳で)と思うような人はいない。

では、これらに代わってイギリスやアメリカか?
こちらのほうも、若い人たちを虜にするような哲学はあらわれていないようだ。
もちろんこれは管見の限りだから、「いや、そうじゃない。こんな人がいる」という人がいれば、ぜひご教示いただきたい。

かつての哲学では、「人間」が不動の中心だった。
そしてその「理性」に限りない信頼を置いていた。

しかし構造主義やポスト構造主義では、中心に人間がいない。
と言うか、そもそも「中心」を認めない。
すべてのものは他との関係の中で意味を持つ。
中心と周縁という構造でなく、いわば相互依存の網の目構造なのだ。

そして、フーコーによるとその「人間」も近代の発明に過ぎないし、それも終焉が近いという。
また、デリダによる脱構築によって「理性」への絶対的信頼性も揺らいでいる。

今や人々は何をよりどころにして考えればいいかわからない。
それが、現在の哲学の混迷の原因ではないだろうか?

バルトの言っていたように、「中心の空虚」に慣れている日本がこの混迷から抜け出すカギを握っているかもしれない。

|

« レヴィ・ストロースとヤコブソン | トップページ | 哲学と言語(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レヴィ・ストロースとヤコブソン | トップページ | 哲学と言語(その2) »