« エクリチュールとパロール | トップページ | ラカンのエクリチュール(その2) »

2022年8月30日 (火)

ラカンのエクリチュール

ジャック・デリダ、ロラン・バルトときたからには、ジャック・ラカンにも登場してもらわねばなるまい。

ラカンのテキストに初めてふれたのは、もう10年近く前になる。
その時は腰を抜かした。

日本語の訳文で読んだのだけれど、ひとことも理解できなかった。
こんな日本語文もあるのか、と思った。

たとえば、こんな具合である。

自己からの他人に対する時間性をおびた問い合わせとしてのソフィスムの真理、集合的論理の基本的形式としてのあらかじめする主観的な確言。

このようにして、ソフィスムの真理はそれがたまたま立証されるとしれも、ただソフィスムに含まれる確言の中の、いわば推測によってそうされるのである。
また、この真理は或る観念を目ざす傾向に依存していることがこうして明らかにされるのであるが、その観念とは、もしそれが結論の時点を決定する時間の緊迫に還元されないとすれば、ひとつの論理的逆説であるかもしれないものである…。
(ジャック・ラカン 佐々木孝次他訳 「エクリⅠ」 弘文堂 1972)

こんな調子でえんえんと続く。

垂直に立ったつるつるの壁面を前にしているように感じる。
どこにも手がかり、足がかりが見つからず途方に暮れてしまう。

この文をすらすらと理解できる日本語話者がいるのだろうか?

この論文を訳した佐々木さんはフランス思想史のえらい先生だそうだから、その訳文は正確で適切なのだと思う。
でも私にはひとこともわからない。

もともとラカンはフランスでも難解な文章で有名な人だそうだから、日本語への翻訳についての苦労話が出ていないかと、「訳者あとがき」を読んでみた。

そこにはこんなことが書いてあった。

「語ることとは全く次元の異なった文体をとおして、言葉が文字として読者に提供されているので、その話を聞いたことがなく、書きものによってはじめて彼の思想に接した大部分の読者には、その説くところがきわめて難解と映ったのは当然であろう。」

つまり、フランス語話者でさえ、テキストだけで彼の思想を理解するのは至難の業なのだ。
まして、そのテキストをまったく構造の異なる日本語への翻訳を通じて接することになるわれわれにおいておや。

実はラカンは、この訳書への序文を寄せている。
それによると、ラカンは日本語にまったく不案内というわけではなさそうだ。
この序文には、音読み(l'on-yomi)、訓読み(le kun-yomi)という日本語さえ出てくる。

そのラカンにして、日本語への翻訳の困難さを恐れている。
彼は「この序文を読んだらすぐに、私の本を閉じる気を起こさせるようにしたい!」とまで言っている。

私がこの訳文を理解できないのは、たんに私の頭が悪いせいだけではないことがわかって、ほっとした。

|

« エクリチュールとパロール | トップページ | ラカンのエクリチュール(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エクリチュールとパロール | トップページ | ラカンのエクリチュール(その2) »