« 驚天動地の事態(その4) | トップページ | 言語とAI »

2022年6月19日 (日)

驚天動地の事態(その5)

アラビア文字も、タイ文字も、キリル文字もキーボードに刻印されている。
もちろん、日本製のパソコンのキーボードにはひらがなが刻印されている。

私はつねづねローマ字入力を行っているから、ひらがなキーを意識したことはない。
ローマ字入力とかな入力をしている人の割合はどのくらいだろうか?
ローマ字入力のほうがキーの位置を覚えることが少なくてすむから、ローマ字入力派のほうが多いと思うのだが…。

スマホは、ローマ字入力ができない。
かな入力オンリーだけれど、キーをたくさん置けないから各行の5文字をひとつのキーが兼用している。
だから、たとえば「お」なら、「あ」のキーを5回押さねばならない。
スマホが苦手な私はこれが面倒くさいのだが、やむを得ない。

そのかわり、1文字打ったところですでにたくさんの語彙の候補が表示される。
たとえば「お」と打っただけで、「おめでとう」、「送ります」「俺」などの候補が瞬時に表示される。
候補は私の使用語彙の傾向をスマホが学習して、私が書きたいことをいわば忖度して表示してくれるからありがたい。
スマホをよく使う人は、この機能をフルに活用しているのだろう。

ありがたい機能である。
しかし、おせっかいな機能でもある。

副作用もあると思う。
この機能のおかげで手書きができなくなる。
特に、漢字を使う日本語話者にとってこの副作用は深刻だ。

「とめ」、「はね」、「はらい」など手書きに特有の技能も絶滅寸前だ。
日常的にスマホを使っている子供たちにとって、その意義などわかるまい。

この先、手書きの必要なんてほとんどなくなる。
漢字は読めさえすれば、書けなくてもいい。

そんなふうに割り切ってしまうのもひとつの見識かもしれない。
でも、そんなことでいいのだろうか?と私などは考え込んでしまう。

この先、IT技術はますます進歩するだろう。
AIもますます社会に浸透してゆくだろう。

車の自動運転が普及するのももうすぐだ。
人間はただ乗っているだけでいい。

多くの職業もAIで代替できるらしい。

コンピュータは電子計算機と訳されている。
しかし、これからは学習することも、考えることもAIがやってくれる。

そのうち、怒ること、悲しむこと、愛することすらAIが代わってやってくれるかもしれない。
そうなれば人間は何をすればいいのだろう?

ときどき、ふと考える。
たしかにITやAIは人間が発明した文明だけれど、神さまは人間がAIを生み出した段階で進歩が止まるように、その後は退歩するように、初期プログラムを設定したのではないだろうか。

そんな陰謀史観が頭をもたげてくるときがある。

|

« 驚天動地の事態(その4) | トップページ | 言語とAI »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 驚天動地の事態(その4) | トップページ | 言語とAI »