« 土地と名前(その2) | トップページ | 土地と名前(その4) »

2018年5月20日 (日)

土地と名前(その3)

「私がいまいるところ」は、ある意味私という存在の原点である。
原点が定まってこそ、私は私をとりまく世界の空間構成を把握することができる。

その原点を確認することを手始めにわたしたちは自分なりの世界秩序の形成に乗り出すのだ。
自分の原点があいまいで確かめることがかなわなければ、わたしたちは途方に暮れるしかない。

だから、人は土地に名前を付ける。
名前を付けて、存在の足場を固める。

ほら、ビルの根っこの部分によく「定礎」のプレートが貼ってあるのを見かけますね。
あれと同じ、まず自分の礎を定めるのだ。

地名をつけるという大仕事をすでに過去の人がやっている場合は、今度はその由来について異常な関心を示す。

和銅6年5月、朝廷は風土記撰進の官命を発している。
その中で特に「山川原野の名号の所由を言上せよ」と述べている。

地名を把握すること、その由来を明らかにすることは、その土地をルーツとする人々にとっては自分たちの存在をたしかめることであるけれども、中央政権にとってはその土地を管理することでもあったと思う。

GWのある晴れた一日、私は鳥取県智頭町を歩いていて「智頭」の地名の由来について思いをはせていた。
古代人だけでなく、現代に生きるわたしたちだって地名に対する関心は浅くない。

このことはもちろん日本だけの現象じゃない。
10年前にもお話ししたことだけれど、「失われた時を求めて」の最初のほうに貴婦人のサロンでフランス各地の地名の由来についてえんえんと蘊蓄をかたむける物知りが登場する。

どうやら地名に対する人々の関心は古今東西変わらないようだ。
地名がわたしたちの存在の原点であることを考えれば、このことも納得できる。

ただ、地名と人名を対比した時には東西の差が出る。

世界の空港の名前には、J.F.ケネディ空港やシャルルドゴール空港のように、公共施設に人名、それも比較的最近の実在の人物の名を付けることが珍しくない。
また、空母「ジョージ・ワシントン」なんてのもある。

日本では首都近郊に第3の空港を作るとして、その空港に「安倍晋三空港」なんて名前を付けることなど考えることもできない。
軍艦だって「大和」であり「武蔵」であって、「東郷丸」なんて命名はできない。

総じて西洋では事物の名づけにあたって個人のキャラが立つことを厭わないようだ。
これに対して、日本では人の名が土地の名をさしおいて前に出ることなどありえない。

日本では地名は自分たちの存在の原点であり絶対的なものだけれども人名はしょせん相対的なものにすぎない、と観念されているせいかもしれない。

|

« 土地と名前(その2) | トップページ | 土地と名前(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 土地と名前(その2) | トップページ | 土地と名前(その4) »