« 語彙の作られかた(その4) | トップページ | 語彙の作られかた(その6) »

2017年11月27日 (月)

語彙の作られかた(その5)

ことばは一体だれが作ったものだろう?

このところ、この素朴な疑問が頭から離れない。
神さまなのか、人間なのか?

どちらの説にも、うなづける点もあれば泣きどころもあってにわかに軍配を上げることができない。
このことはこれまでるる考えてきたとおりだ。

そもそも、ことばという玄妙なしろものを人間が作れるものだろうか?
という根源的な疑問はどうしてもぬぐい去ることができない。

むろん人間は言語を創造しようとした。
そしていまもその努力は続いている。

人工言語、と言えばだれでも思いつくのはザメンホフのエスペラントだ。
今のところ、いちばん成功した人工言語と言っていい。

ただエスペラントにしても、語彙にせよ、文法にせよ、文字にせよ印欧語系の自然言語をもとにして作られている、という点では完全な人工言語とは言えないかもしれない。

自然言語が存在しなければ成り立たないからだ。

人工言語の試みはエスペラントのほかにもたくさんある。

たとえば、「ジョン・ウィルキンスの分析言語」という短いエッセイの中にそんな例が紹介されている。
書いたのは、ブエノスアイレスの国立図書館長だったJ.L.ボルヘス。

ボルヘスの紹介によれば、この分析言語はまず宇宙を40のカテゴリーに分け、そのカテゴリーは「差」に、「差」はさらに「種」に細分化される。

つまり、まず宇宙を多層的に分類し、それぞれのカテゴリーやその下位項目である「差」や「種」に文字を当ててゆく方式をとるのだ。

たとえば、「de」は四大を、「deb」は四大の最初である火を、「deba」は火の一部をなす炎を意味する、というわけ。

うーむ、論理的だなあ。

だから「さけ=鮭」という自然言語は、それが意味する対象については何の情報ももたらしてくれないけれども、
ウィルキンスの分析言語なら、「nara=鮭」は赤みがかった肉を持つ有鱗淡水魚であることを教えてくれるのだ。

こんなにメリットのある人工言語だけれども、いまの世の中でウィルキンスの分析言語など使っている人はだれもいない。

人間はいまも非論理的で、矛盾だらけで、要するにわけのわからない自然言語を手放さない。
この事実はいったい何を意味しているのだろう?

|

« 語彙の作られかた(その4) | トップページ | 語彙の作られかた(その6) »

コメント

人間の言葉とは、「ものごと」のイメージに音声記号(言語)
を当て嵌めたもの、ではないでしょうかね。その音声を仲間と
共有する方法で通じ合うようになったもの、ということです。
現人類は民族の如何を問わずこのパターンで生み出された
言葉を使っていると思います。だから国語はそれぞれ異なっ
ても、必ず通訳でき、言葉として通じ合うことができます。
相手が人間(現人類)でなければこのパターンを持っていま
せんから、言葉は通じません(犬、猫、猿‥‥)。旧人類
(ネアンデルタール人)がもし生きていても、パターンが違い
言葉は通じなかったかも知れませんね。
ただ、このパターンがどういう仕方で形成されるのかは現代
科学でもまだ解明されず謎のままです。
‥‥少しピントがずれた話でしたかね?

投稿: 平戸皆空 | 2017年11月27日 (月) 17時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 語彙の作られかた(その4) | トップページ | 語彙の作られかた(その6) »