« 残像に口紅を | トップページ | 人間の音声 »

2017年8月13日 (日)

残像に口紅を(その2)

筒井康隆さんの小説「残像に口紅を」のような試みをほかの言語でもできるだろうか?

日本語の場合、原則としてひとつのかな文字がひとつの音節をあらわしているから、世界から「あ」が消えたなら、という設定を立てやすいし、わかりやすい。

しかし他の言語、たとえば英語の場合文字と音節の関係はそれほど単純ではない。

たとえば「Macdnald」は8文字の表記だけれど、2音節だ。

つまり、筒井流の方式でやろうとすれば、世界から「Mac」が消えたなら、あるいは「Dnald」が消えたなら、と言わなければならない。

それにこの種の音節なら、日本語よりもはるかに種類が多く、複雑だ。
小説としてはとても収拾がつかないと思う。

アルファベットは音節文字ではないが、世界からアルファベットが1文字ずつ消えたなら、という仮定にすればわかりやすい。

ただし、ローマ字のアルファベットは26文字しかないから、すぐに世界が消えてしまいかねない。
たとえば、世界から「a」が消えたなら、という仮定を置いただけで、たちどころに行き詰まってしまうかもしれない。

いずれにせよ、小説に仕立てるのは難しそうだ。

中国語ならどうだろう?

漢字はかな文字やアルファベットとは比べものにならないほど種類が多いから、多少文字が消えても、その文字があらわす意味や発音が消えても、その体系はびくともしないかもしれない。

筒井流でやるとすれば、世界の終わりまでたどり着くまでには大長編、大河小説になるに違いない。
その分、退屈になるおそれは十分にある。

このように、世界のさまざまな言語について、その文字や表記の特性、意味や発音の体系を筒井流小説になじむかどうか、という視点から分類してみるのもおもしろい。

幸か不幸か、日本語は世界の主要言語では珍しく音節文字を使っている。
しかも、その音節の種類は世界でも最少レベルだ。

つまり、「残像に口紅を」は日本語であればこそ辛くも成立し小説なのだ。

|

« 残像に口紅を | トップページ | 人間の音声 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 残像に口紅を | トップページ | 人間の音声 »