« 最後の音 | トップページ | 「ん」の氾濫 »

2017年7月23日 (日)

「ん」の進出

喫茶店「ん」は何軒もあるけれど、日本語では「ん」は語頭に立たない。

だから、何らかの音節に後続する形をとる。

試みに、あ行音にくっつけてみよう。

「あ」に「ん」をくっつけて「あん」。
案内や公安など。

「い」に「ん」をくっつけて「いん」。
印象や病院など。

「う」に「ん」をくっつけて「うん」。
蘊蓄や幸運など。

「え」に「ん」をくっつけて「えん」。
円熟や公園など。

「お」に「ん」をくっつけて「おん」。
音楽や低温など。

つづいて、か行音にくっつけてみよう。

「か」に「ん」をくっつけて「かん」。
漢字や交換など。

「き」に「ん」をくっつけて「きん」。
近海や通勤など。

「く」に「ん」をくっつけて「くん」。
君主や教訓など。

「け」に「ん」をくっつけて「けん」。
健康や債券など。

「こ」に「ん」をくっつけてこ「こん」。
混乱や貧困など。

以下同じである。

これらの音を聞いて思い浮かべるのは漢語ばかりである。
「あん」や「かん」と聞いても、和語が浮かばない。

もともと「ん」は古来の日本語にはなく、漢字を読みこなすために開発された言語音だから当然と言えば当然だけれど。

このように漢字と連動して生まれた「ん」だけれど、発音の便宜のために重宝されて漢語以外の分野にも進出するようになった。

たとえば、「読みて」が「読んで」、「踏みつける」が「踏んづける」になるような撥音便。
それから音便ではないが、「ありませぬ」が「ありません」になるような音変化。
さらに最近の若い人は「なになの?」を「なんなん?」と言うようになった。

母音が脱落してもコミュニケーション上支障がないなら流れがそちらに向かうのもやむをえぬ(やむをえん?)。

これを書いていて、ずいぶん前に同じような記事を書いたことを思い出した。
調べてみると、「特殊音の活躍」というタイトルで2006年1月28日と2月4日の2回、このブログにアップしていた。
なつかしいなあ。

|

« 最後の音 | トップページ | 「ん」の氾濫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 最後の音 | トップページ | 「ん」の氾濫 »