« 「ん」の進出 | トップページ | 残像に口紅を »

2017年7月31日 (月)

「ん」の氾濫

11年前の「特殊音の活躍」という記事には、次のような文例が提出されていた。

「わからない」が「わかんない」に。
「お金、くれない?」が「お金、くんない?」に。
「お風呂、まだ沸かないの?」が「お風呂、まだ沸かんの?」に。

ローマ字表記をすればわかるけれど、「ん」に音変化することで1文字ないし2文字が省略される。
その分、発話に要するエネルギーが節約されるのだ。

これらの短縮表現は比較的くだけた場面で使われることが多い。
事情が許すかぎり少しでも発話に要するエネルギーを節約したい、という人間の欲求がいかに強いかを示す例だと思う。

だから、11年前は「特殊音の活躍」に続いて「発話エネルギー節約術」のシリーズに進んでいったのだ。

前回もお話ししたように、古代の日本語には「ん」は存在しなかった。
漢字の読みのために新たに開発された音だった。
たとえば「氾濫=はんらん」という漢語を発音するために「ん」が必要だった。

だから、百人一首には「ん」は登場しない。(「む」を「ん」と発音する場合は別)

しかしその後、「ん」の発話エネルギー節約効果が日本語話者の間で認識されるに及んで、漢字の読みにとどまらず広く日本語表現の中に取り入れられるようになった。

この間の事情は、「では」が「じゃ」に変化するように拗音の分野でも同様だ。

「ん」や拗音は、はじめ漢字の読みのために開発され、そのために特殊音と位置づけられるようになったのだけれど、今やすっかり普遍的な音として日本語の世界に定着してしまった。

いや、定着どころか人々の発話エネルギー節約への欲望のために、いまや氾濫していると言っていい。

わずかに「ん」の氾濫を押しとどめているのは書きことばの世界くらいだろうか?
書きことばの場合は発話エネルギーが問題にならないから、「わかんない」や「くんない?」や「沸かん」という表現は基本的には用いられない。

しかし、今後話しことばの影響が書きことばに及ぶことは十分考えられる。
ケータイやスマホの世界では早くもその兆候があらわれている。

今でこそ、書きことばが孤軍奮闘して「ん」の氾濫を押しとどめているけれど安閑とはしていられない。
いつ堤防が決壊して、「ん」の氾濫が書きことばの世界に及んでくるかわからない。

「ん」の誕生、進出、氾濫ひとつをとっても、万葉や平安の世に比べ日本語の世界の風景はすっかり変わってしまった。
このあと千年、日本語はどう変わっていくのだろう?
ふとそんなことを考えてしまう。

|

« 「ん」の進出 | トップページ | 残像に口紅を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ん」の進出 | トップページ | 残像に口紅を »