« 「な」と「なまえ」(その2) | トップページ | 1音節語の関西方言(その2) »

2017年6月25日 (日)

「な」と「なまえ」(その3)

「な」は伝統ある由緒正しい語である。
前回はそんなお話をした。

そもそも1音節の語は、系統発生的に考えてもその起源はきわめて古い。
「ち=血」、「き=木」、「て=手}、「め=目」、「た=田}のように。

起源が古いだけでなく、人間にとって根源的な意味を持つ語が多い。
その分、多義的でもある。

日本語だけではなく、世界の諸語でも同じような傾向にあると思う。
英語の「name」や「I」、「you」が1音節なのもそれを裏付けている。

「な」も例外ではない。
広辞苑によれば、「な」は人称代名詞としての意味も持っている。

まず、「な」は自分を指す一人称である。
そして転じて相手を指す二人称にもなる。
「なれ」や「なんじ」の原型だ。

この事実だけでも、「な」の根源的な性格が明らかだ。

また、「な」は文字の意味も持っている。
漢字のことを「真名」といい、漢字を変形してやさしくした文字を「かな」という。

そもそもわたしたちの生存に欠かせない食べ物のことも「な」なのだ。
食卓に上る魚は「な=魚}だし、食用の葉物野菜も「な=菜」である。
そして、酒、飯に添えて食べるおかずのことも「な=肴」という。

ふりかえってみて、「な」という語がいかに多義的であり、根源的であるかがよくわかる。
しかし、多義的と言ってもそれぞれの意味が独立して生まれたとは思えない。

「な」の1語である以上、どこかに意味の源がある。
そこから、泉の水があふれるようにさまざまな方向に意味があふれだしたのだろう。

では、「な」の意味の源泉は何だろう?

まず、「な」は人を指す。
「あなた」を指し、「わたし」を指す。

つまり、他から識別された個としての人間存在を指す。
そして、その人間存在を支ええるのが、食べ物としての「な」だ。

ひとりの人間とそのいのち。
これが「な」の根源的な意味だと思う。

そう考えれば、日本語の五十音図の中で「な」がいちばん重要な音であり文字であると宣言してもおかしくない。

日本語のな行音やま行音は鼻音と言われていて、聞く者に柔らかい印象を与えるため女の子の名前によく取り入れられている。
また、赤ちゃんのように発声機能が未発達な人間にも発音しやすい。

そんな音声上の特性が、「な」を最重要音に押し上げたのかもしれない。

|

« 「な」と「なまえ」(その2) | トップページ | 1音節語の関西方言(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「な」と「なまえ」(その2) | トップページ | 1音節語の関西方言(その2) »