« 「な」と「なまえ」 | トップページ | 「な」と「なまえ」(その3) »

2017年6月18日 (日)

「な」と「なまえ」(その2)

「な」ひとつで用が足りるのに、なぜわざわざ「なまえ」という語が派生したのだろう?
素朴と言えばずいぶん素朴な疑問だけれど、いったん気になりだすとどうも落ち着かない。

辞書で比較すると「な」はくわしく語義が説明されているけれど、「なまえ」には通り一遍の説明しかない。
古語辞典を繙いても「な」は詳しく載っているけれども、「なまえ」はそもそも項目がない。
だから、「なまえ」は「な」から派生した語であることは間違いない。

「なまえ」は「な」に「まえ」を接続して生じた語である。

しかし、いつごろどのような必要のもとに成立した語なのか?
また、後続する「まえ」にはどのような働きがあるのか?
男前とか江戸前における「まえ」と機能を同じくするのか?

手元にある辞書はこの疑問に答えてくれない。
どなたかご教示いただけないだろうか?

前回もお話ししたように、「な」と「なまえ」は意味はほぼ同じだけれど、そのニュアンスは微妙に異なる。

初対面の人に向かって、「お名前は?」と訊くことはあっても「お名は?」とは言いにくい。
なんだか尻切れトンボみたいで落ち着かない。

逆に、「無礼者、名を名乗れ!」と恫喝することはできても、「無礼者、名前を名乗れ!」では間延びしてしまって迫力がない。

昔も今も映画のタイトルは「君の名は」が好ましい。
「君の名前は」では散文的過ぎてよくない。

「名は体を表す」とか「名もない人びと」など「な」を用いた表現はずいぶん多いけれど、「なまえ」を用いる表現はあまりない。
せいぜい「名前負け」くらいだろうか?

意味が同じなら「名前は体を表す」とか「名前もない人びと」と言ってもいい理屈だけれど、そんな表現はまず使わない。

やはり違いは音節数にあるのかもしれない。
使い勝手としては、1音節の「な」のほうがまさっているのだろう。

伝統と由緒のある1音節の「な」。
3音節とやや煩わしいけれど、正確性の点で勝る新参者の「なまえ」。

比較論としては、こんなところに落ち着くのだろう。

ところで、英語では「な」も「なまえ」も「name」の1語ですませている。
「な」と同じく1音節である。

日本語におけるような歴史や事情はなかったのだろうか?
「な」と「なまえ」を区別している語がほかにもあるのだろうか?

これまたみなさんのご教示をたまわりたい。

|

« 「な」と「なまえ」 | トップページ | 「な」と「なまえ」(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「な」と「なまえ」 | トップページ | 「な」と「なまえ」(その3) »