« 和語と漢語(その7) | トップページ | 糸とことば(その2) »

2017年5月21日 (日)

糸とことば

去年評判になった日本映画がふたつあった。
ふたつとも観た。

しかし、「シン・ゴジラ」はつまらなかった。
従前の怪獣映画とどこが違うのかよくわからなかった。
年のせいで感受性が鈍ってきたのかもしれない。

そこへゆくと、「君の名は。」はよかった。
よかったからはまった。
なんと4回も観てしまった。

映画館に4回も足を運ばせる魅力がこの映画にはあった。
私は映画評論家ではないから、その魅力の中身をうまく語ることができない。

ただひとつ、「糸」のことだけをお話ししたい。

この映画は、時空を超えて絆を求めあう切ない魂の物語である。
スマホの着信音がむなしく鳴り続ける冒頭のシーンはそのことを象徴している。

「絆」という字に「糸」が含まれているように、名前と名前を糸で結ぶことによってはじめて絆が生まれる。
だから、三葉と瀧くんはあんなにも名前を求めあうのだ。

「糸で結ぶ」?

そういえば、「結ぶ」という字の中にも糸が存在している。
何かと何かを結ぶために糸はある。

「結び」は「産土・産霊=むすび」でもある。
土地の産土神が共同体の人々を結びつけるのだ。
三葉と四葉のおばあさんがそう言っていた。

三葉と四葉のおばあさんは孫たちに組み紐を教えている。
紐もまた、映画の中では重要な役割を演じている。

「紐」という字の中にも糸が存在している。
紐は糸の発展形だろう。

そもそも三葉たちの生まれ育った町は、岐阜県糸守町という架空の町だった。
糸を原点として、この物語は紡がれている。

「紡ぐ」?

そう、紡ぐという文字の中にも糸が存在している。
人が綿や繭を紡ぐことによって、はじめて糸が生まれる。

そう思えば、物語そのものが糸なのかもしれない。

この映画では、ふすまが閉じられるとき、電車の扉が閉まるときの情景が何度も登場する。
不思議なことに、それが特徴的なローアングルで描かれている。
謎めいていてとても印象的だった。

閉まる、あるいは閉めるということは何かと何かを隔てる、つながりを断ち切るということだ。
つまり絆のアンチテーゼである。

このアンチテーゼを登場させることによって、製作者は「絆」というテーマを一層きわだたせようとしたのだろうか?

|

« 和語と漢語(その7) | トップページ | 糸とことば(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 和語と漢語(その7) | トップページ | 糸とことば(その2) »