« 糸とことば | トップページ | 糸とことば(その3) »

2017年5月28日 (日)

糸とことば(その2)

前回は、「君の名は。」を語って多くの糸へんのことばが登場した。

糸はもちろんのこと、絆、結び、紐、紡ぐ、織る、そして繋がり…。

映画の中で、三葉と瀧くんは時空を超えて結び、繋がり、ほどけてはまたつながる。
時間もまた同じように、結んだり、繋がったり、ほどけたり、ねじれたりするもの、というのが瀧くんと入れ替わった三葉に背負われて語るおばあさんの時間論だ。

事実、三葉と瀧くんはずれた時間のまま入れ替わっている。
はじめはこのことがよく呑み込めなくて、めまいがした。

糸は何かと何か、だれかとだれかを結びつけるもの。
でも、それだけじゃない。

糸は織りあわせることによって布になり、衣服になる。
お母さんは毛糸を編んで暖かいセーターを作る。

織るや編むという行為も、糸からはじまるのだ。

編むものはセーターだけじゃない。
辞書や文学全集も編むという動詞を使う。
そういえば、本屋大賞を受けた三浦しをんさんの「舟を編む」という小説も辞書づくりの話だった。

英語ではまとまった文章を指して「text」という。
原義は「織られたもの」。
さまざまはことばを織りあわせて、テキストは出来上がる。

「texture」や「textile」と源は同じだ。

日本語でも、文のことを「あや」と読んだりする。
「あや」は綾である。
綾も糸へんでできている。

考えてみれば、糸もことばも人と人を結びつけるものという点では同じだ。
その感覚は、日本語話者でも英語話者でも変わらない。
糸とことばに共通性を認めるのは、人類にとって普遍的な感覚かもしれない。

名前は、水面に頭を出した杭のようなものだ。

その杭に糸を結びつけ、もう一つの杭にまた結びつける。
こうして、はじめて絆が成立する。
名前がなければ、絆は生まれない。

「君の名は…」という切実な呼び声は、糸を結びつける杭を、よりどころを探し求めているのだ。

|

« 糸とことば | トップページ | 糸とことば(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 糸とことば | トップページ | 糸とことば(その3) »