« 季節と色 | トップページ | 季節とことば(その2) »

2017年4月22日 (土)

季節とことば

窓から見下ろす近所の公園の桜。
例年より少し遅い満開も過ぎて、いま、散り始めている。
いまは春だけれど、もう少しこまやかにこの季節を表現するとすればどのようなことばがふさわしいだろう?
春爛漫?
春たけなわ?
もう少し季節が進んで、4月の終わりからGWにかけてになると、初夏の風が吹き始める。
新緑がまぶしくなる。
そうなると、春爛漫にしろ春たけなわにしろ、語感として少し時期遅れだ。
なべて物事には始まりがあり、盛りがあり、終わりがある。
四季もそうである。
しかし、それを言い表すことば遣いはなぜか異なる。
たとえば、春たけなわ、秋たけなわとは言うけれども、夏のピークや冬の底にはこの表現は用いない。
盛夏といい、厳冬という漢語を使う。
たとえば、春のはじめ、まだ冬の気配が濃厚に漂っているころ、わたしたちは早春という語を用いる。
しかし、夏秋冬のはじめのころを、早夏、早秋、早冬とは言わない。
初夏、初秋、初冬という。
逆に初春といえば、お正月のころを意味する。
つまり、「早」は春にしか結合しない。
もうひとつ、同じような例をあげてみたい。
「浅い」という形容詞がある。
「春まだ浅い今日この頃、みなさまお変わりなく…」などと手紙に書いたりする(最近はあまり書かない?)。
しかし、この形容詞は夏秋冬には使えない。
9月初めのころ、「秋まだ浅い今日この頃…」などと手紙に書いたりすると、相手に笑われる。
反対に、「深い」という形容詞は秋にぴったり結びついている。
秋深し 隣は何をする人ぞ
中緯度地方の国々では、移り変わる季節をだいたい4つに均等に区分している。
そして、四季の間に序列を設けていない。
四季のうち、特に夏がえらいというわけではない。
また、季節の好みも人それぞれだ。
私は秋が好きだけれど、夏が大好きという人もいる。
特定の季節に人々の人気が集中しているわけでもない。
それなのに、どうして季節と結びついたことば遣いに違いが生まれるのだろう?
なぜ、「早」は春にしか結びつかず、「深い」は秋にしか結びつかないのだろう?
この疑問を深く掘り下げていくと、季節に対するわたしたちの秘められた感覚が明らかになると思う。
また、逆に「早」や「初」、「深い」や「浅い」という語の原義も明らかになるのではないだろうか?

|

« 季節と色 | トップページ | 季節とことば(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 季節と色 | トップページ | 季節とことば(その2) »