« 宮沢賢治と青 | トップページ | 青と緑(その4) »

2017年3月19日 (日)

青と緑(その3)

前回の記事をお読みになった方は、「こいつは青に肩入れしているな」と感じられたかもしれない。

正直に告白するけれど、色とことばを訪ねるこの長い旅のおわりに、私は青の精神性を再発見したような気分になっている。
だから、青にひいきしていると受け取られても否定することはできない。

はじめにお話ししたことだけれど、青と緑は同類である。
逆にだからこそ何かと張り合う関係にある。

好感度からすれば、緑のほうが上かもしれない。
しかし、私のように青に比べて緑は俗っぽい、と感じる人間もいる。

実際のところ、青と緑はどちらの方がえらいのだろうか?
たとえば、任意に100人を選んで「青と緑、どっちが好き?」というアンケートを取ったらどんな結果が出るだろう。

世代によって、男女によって、あるいは国によって違う傾向が出るかもしれない。
興味深い。

青と緑の選好に関して、どなたか大がかりな国際共同研究をやっていただけないだろうか?
あるいはすでにそんな研究がおこなわれているのなら、ご教示を賜りたい。

単に人々の選好だけでなく、青と緑はさまざまな視点から比較研究することができる。
たとえば、他の色との組み合わせを考えてもいい。

他の色との組み合わせといえば、次のような歌がすぐに脳裏に浮かぶ。

「白鳥はかなしからずや、海の青、空のあをにも染まずただよふ」

大空と大海原をひとまとめにした青い大きな空間。
一羽に小さな白い鳥が、その空間を漂っている。

青と白の色彩のコントラストが何とも印象的である。
青の世界に同化できない小さな白鳥は、孤独なのかもしれない。

この青を緑に置き換えた場合、どんな詩ができるだろう?
あざやかな新緑の森の小径を、真っ白なドレスと帽子をかぶった娘が散歩している情景を想像してもいい。

若山牧水なら、緑と白のコントラストから生命の躍動を歌い上げるかもしれない。
そこへゆくと、青と白のコントラストは静謐である。

うーむ、甲乙つけがたい。
結局、人それぞれの好みの問題に帰着する問題かもしれない。

「春を愛する人は…」から始まって四季を比較する歌があったけれど、「青を愛する人は…、緑を愛する人は…」という歌があってもいい。

|

« 宮沢賢治と青 | トップページ | 青と緑(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 宮沢賢治と青 | トップページ | 青と緑(その4) »