« 青と緑(その3) | トップページ | 青と緑(その5) »

2017年3月26日 (日)

青と緑(その4)

色は光の中に秘められている…。
くりかえし私はそう言ってきた。

だから、光を分光器にかければ色のスペクトルが得られる。

赤橙黄緑青藍紫。
そんな呪文めいたことばで、わたしたちはスペクトルの順番をおぼえている。

色をあらわす光の波長は連続量である。
だから緑と青は隣り合っているけれど、はっきりした境界はない。

緑の世界があり、緑のようでもあり青のようでもある領域を通過して、青の世界に至る。
光の世界を旅していると、生命を感じさせる緑の世界から、いつのまにか深い青の精神世界に包まれていることに気がつく…。
そんな感じだろうか?

緑の絵の具と青の絵の具を同量まぜあわせると、どんな色になるだろう?

「あおみどり」という色名があるけれど、あんな色になるのだろうか?
実際に絵の具を買ってきて実験してみればすぐにわかることだけれど、あいにくその時間がない。

いずれにせよなんとなくくすんだ感じがして、魅力がない。
緑でもなく青でもないどっちつかずの立ち位置がわざわいしたのだろうか?

緑青、ろくしょうということばもある。
銅の表面に生じるさびである。
どう見ても明るい緑で、青を感じる余地などないのに、どうして青がくっついているのだろう?

青緑といえば、英語ではシアンというそうだ。
シアンに加えて、マゼンダ、イエローというのもある。
パソコンのインクでおなじみだ。

このシアンとマゼンダ、イエローが色材の三原色になる。

シアンとマゼンダを混ぜると青ができる。
シアンとイエローを混ぜると緑ができる。
マゼンダをイエローと混ぜると赤ができる。
そして、三つを混ぜると黒になる。

逆に、こうして生まれた青、緑、赤が今度は光の三原色になる。

青と赤を混ぜるとマゼンダができる。
赤と緑を混ぜるとイエローになる。
緑と青を混ぜるとシアンになる。
そして三つを混ぜると白になる。

色と光の世界にも神さまが仕組んだ予定調和が働いているのだろうか?

|

« 青と緑(その3) | トップページ | 青と緑(その5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 青と緑(その3) | トップページ | 青と緑(その5) »