« 色即是空 | トップページ | 金色と銀色(その2) »

2017年2月26日 (日)

金色と銀色

金色 銀色 桃色吐息…。

前々回、ちょっと登場した高橋真梨子さんの「桃色吐息」にはこんなフレーズもあった。
桃色を導き出すために、金色、銀色が用いられている。

この作詞上の技巧についても考察したいところだけれど、いまは色がテーマだから残念ながらパス。

金色と銀色について考えてみたい。

色名としては、事物の名を借りて色の名前とするありふれた方式である。
金塊の色が金色だし、虫歯にかぶせた金属の色が銀色である。

問題は、色彩学の体系の中で金色、銀色をどう位置づければいいか、ということだ。

前回、色は光の中に隠れている、というお話をした。
しかし、光のスペクトルの中に金色、銀色はない。
つまり、金色、銀色は固有の波長を有していない。

だとすれば、金色、銀色は色ではないのだろうか?
白や黒は色ではないのだろうか、という疑問とはまた違った意味で疑問が広がる。

金塊に光を当てれば、金色に輝く。
銀の食器に光を当てれば、同じように銀色に輝く。

前回は、「もの」は光と出会うことによって「いのち」を得て、光の中にある「いろ」を顕現させるというメカニズムをお話しした。

しかし、金色や銀色は光のスペクトルの中にはないのだ。
じゃあ、この色はどこから発するのだろう?

金色や銀色が、赤や青や緑などふつうの色とちがうところは「輝き」である。
ここに問題を解くカギがありそうな気がする。

この「輝き」の物理的実体は何だろう?

金属光沢、といって片づけている人が多い。
つまり金属に光を当てた時の反射が「輝き」の実体だというのだ。

じゃあ、黄色に金属光沢を加えれば金色になる?
灰色に金属光沢を加えれば銀色になる?

余りにも安易な考え方と思う。
もう少し、「輝き」という現象を掘り下げねばなるまい。

「輝き」という現象が成立するためには、人間側の「まぶしい」という感覚とセットにならなければならない。
だから、金属だけでなく太陽も輝いているのだ。

そう考えると、「輝き」は物性の問題ではなく人間の認知の問題なのでなないかと思われてくる。

金色、銀色は光のスペクトルには含まれていない。
その意味では色の異端児だ。
そのかわり、人間の認知のあり方や価値観と深く結びついている。

金色、銀色は輝いている。
そして、人々はその輝きに魅せられている。

|

« 色即是空 | トップページ | 金色と銀色(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 色即是空 | トップページ | 金色と銀色(その2) »