« 色と性 | トップページ | 金色と銀色 »

2017年2月19日 (日)

色即是空

前にも言ったことだけれど、もしこの世に色がなければどれほど味気ないことだろう。
ひからびた、生気のない、色あせた世界…。

そんな世界にわたしたちは生きたくない。
初期の電気工学者や技術者たちがカラーテレビ開発にかけた情熱がよくわかる。

この世の「もの」には色がある。
というより、色は光の中に隠れている。

「もの」は光によって「いのち」を与えられ、光の中の「いろ」を顕現させるのだ。

そう考えれば、この世に存在する生き生きとした「もの」を「いろ」ということばで言い換えてもそれほど見当外れではない。
こうして、「いろ」は「いのち」ある「もの」をはるかに超えて、この世の「かたち」ある「もの」すべてをあらわすことになる。

般若心経にある色即是空の「色」は、そんな意味だろう。

だから、伊藤比呂美さんは

「色不異空」について、「『ある』は『ない』にことならない」
「色即是空」について、「『ある』と思っているものは じつは『ない』のである」

と訳している。

こうして「色」はセクシュアルな意味をはるかに超えて、この世の存在物そのものまで意味するようになった。

般若心経は、その「色」が「空」なのだという。
「ある」は「ない」のだという。

うーむ。どうしたものだろう?
かくなる上は「空」とは何かを明らかにすべきだけれど、私のように修行の足りない身の上では到底理解できない気がする。

かりに「空」をふつうの意味での「ない」と解釈すればどうなるか?

「色」はセクシュアルな意味も帯びているので、あまり「色」にこだわるとわたしのような凡人は心にさざ波が立つ。
つまり煩悩が生じる。

そこで、般若心経の教えに従って「色」=「空」と観じることによって「色」へのこだわりが消え、苦しみも迷いもなくなる、ということだろうか?

しかし、これは安易にすぎる解釈のような気がする。
悟りの境地はそう簡単には得られないはずだ。

「色」について、「空」についてまだまだ勉強が足りないことを痛感する。

|

« 色と性 | トップページ | 金色と銀色 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 色と性 | トップページ | 金色と銀色 »