« 色と四神思想 | トップページ | みずいろの謎 »

2017年1月29日 (日)

恋はみずいろ

覚えてる?
むかし、ヴィッキーの「恋はみずいろ」って曲、はやったよね?

何、それ? そんなの知らないーだって?

そうか、無理もない。
この歌がはやったのは1960年代の後半だったんだ。

月日は流れ、わたしは残る…。
ふと、そんな詩句を思い浮かべてしまう。

私もずいぶん歳をとってしまった。

それはさておき、「恋はみずいろ」というタイトルは、もちろん邦訳である。
フランス語の原題を直訳するなら、「恋は青」または「恋はあおいろ」だ。

訳者は、これはまずい、と思ったにちがいない。

青は寒色で鎮静色だし、日本語の「あお」には英語の「ブルー」に影響されて憂鬱の意味さえ含まれている。
恋に舞い上がる若者の心が憂鬱なはずがない。

だから、青の明度をうんと上げて「みずいろ」と訳したのだ。

英語の「blue」には憂鬱の意味があるけれど、フランス語の「bleu」にはその意味はないのだろうか?

青い、青い、恋は青いわ
空のように

と、ヴィッキーは機嫌よく歌っている。

恋に舞い上がる乙女心は、晴れ上がった青空にまで昇るよう。
その気持ちは日本語話者にもわからぬではない。

しかし、やはり「青」という色名を前面に打ち出すのはためらわれる。

灰色、灰色、恋は灰色
私の心は泣くわ
あなたが行ってしまうと

とも彼女は歌っている。

ここで灰色という色名を持ち出すのは、日本語話者と共通した感覚だ。

こうして分析してみると、恋に燃える若者の心持は洋の東西で共通しているようだ。
やはりネックは「あお」という色名なのだ。

訳者は、「みずいろ」と意訳することによってこの場を切り抜けた。

では、日本語話者なら恋する若者の気持ちを何色にたとえるだろう?

やさしく白き手をのべて
林檎をわれにあたへしは
薄紅の秋の実に
人こひ初めし はじめなり

と藤村は歌っている。

やはり恋には暖色系の心温まる色がふさわしい。
ならば、「恋はくれない」あるいは「恋はももいろ」と訳すべきだろうか?

さすがにそこまで原題から離れるわけにもいかないかな?

(「恋はみずいろ}の訳詩についてはpenさんのブログを参考にさせていただきました)

|

« 色と四神思想 | トップページ | みずいろの謎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 色と四神思想 | トップページ | みずいろの謎 »