« 色の名前(その2) | トップページ | 色の名前(その4) »

2016年12月31日 (土)

色の名前(その3)

バーリン&ケイの「基本の色彩語」という本には、色彩語の系統発生というおもしろい説が紹介されている。
世界の諸言語には普遍的な11種の色彩カテゴリーがあり、その発生の順序も決まっている、というのだ。

論証がわりに雑だから、この説が正しいかどうかはわからない。
しかし、話としてはおもしろい。

まず最初に白と黒。
つぎに赤。
その次は、緑または黄。
続いて青。
そして茶。
その後は、紫、ピンク、オレンジ、灰が順不同で続くのだそうだ。

この順序にはそれなりに深い意味があるような気がする。

白と黒が最初に発生する意味。
白と黒は喪の色である。
人間は喪の儀礼をおこなうことによって人間になった。
白と黒が最初に発生する意味がわかるような気がする。

そして、喪の儀礼を行ったうえで生命が意味づけられる。
生命の象徴である赤が次に来るのもよくわかる。

さて、次が問題だ。

白、黒、赤までは同じだが、日本語の場合は緑や黄ではなく青が先行する。
そして、基本4色名をなす。

緑ではなく、青が優先するのだ。
日本語では、青のほうが緑よりも日本語話者の心深くに浸透している。
このことは少し前にちょっと触れた。

緑は葉っぱや草など自然界の具体物と直結している。
しかし、青はそうじゃない。
空や海の色といっても、この手でつかめる具体物じゃない。
その分、抽象性が高いのだ。
だから、人の心深く浸透していける。

この点、青よりも緑を優先する言語圏ではどのように受け止められているのだろう?

緑と青はスペクトル上で隣り合っていて、その関係は微妙だ。
おそらく日本語以外の言語でも、青と緑の関係は複雑な問題を抱えていると思う。
青と緑は多くの言語でオーバーラップしている。
日本語の場合、それが交通信号の「青信号」問題という形であらわれる。

青のあとに、緑または黄、そして茶が続くという順序は、前々回の個別色名の検討を思い出してもうなづける。
これらの色は、基本4色に近い位置にある。
言語によっては、青と緑が入れ替わる。

さらにそのあとの紫、ピンク、オレンジ、灰は、まあどうでもいい。
白、黒、赤、青、緑、黄、茶あたりまでが、人間にとって意味の深い色名なのだと思う。

|

« 色の名前(その2) | トップページ | 色の名前(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 色の名前(その2) | トップページ | 色の名前(その4) »