« 色と象徴 | トップページ | 色と象徴(その3) »

2016年11月27日 (日)

色と象徴(その2)

赤は生命や活力を象徴する。
そして、同時に危険も象徴する。

どっちに転んでも、興奮色だ。

そこへ行くと、青や緑は鎮静色である。
青は鎮静を通り越して、憂鬱さえ含意する。

みなさんも、たまにはブルーな気分に陥ることがありますよね?

辞書によれば「あお」の語義には憂鬱はないから、これは英語の影響かもしれない。
しかし、日本語話者にとっても青と憂鬱はごく自然につながっているように感じる。

憂鬱につながるから、緑ほど好感度が高くないのだろうか?

グリーンな気分、という表現はない。
無理に表現してもピンとこない。

心理表現には、緑じゃなく青が用いられる。

「蒼い時」や「蒼き狼」、「青の時代」といえば文学的な想像力が刺激される。
しかし「緑の時」や「緑の狼」ではいまいちイメージがふくらまない。

この事実は、青のほうがわたしたちの心に深くしみ込んでいることを示しているのかもしれない。

たしかに緑は好感度が高い。
しかし、その好感はうわべだけの底の浅い感覚なのだ。

緑が象徴する自然豊かな環境にいると気分がいい。
緑とわたしたちの関係は、それだけの単純なつながりである。

緑は葉っぱや草などの具体物が発する色である。
それに対して、青は空の色であり、海の色である。

つまり、青は具体物を超えた無限や空(くう)につながる色である。
わたしたちの心との内面的な結びつきは、緑に比べてはるかに深い。

車のボディカラーは車の性能とは何の関係もない。
だから、色の選択はもっぱらわたしたちの心の問題である。

緑が選ばれず青が選ばれるのは、そのあたりに理由があるのかもしれない。
緑信号ではなく青信号と呼ばれるのも、同じ深層心理的な理由によるのかも知れない。

ところで交通信号では、赤と緑にはさまれて黄色がある。

黄色は「止まれ」でもなく「進め」でもなく、「気をつけろ!」というメッセージを発している。
過渡的な、中間的なメッセージである。
落ち着きのない色である。

ヨーロッパではマリアテレジアンイエローなどといって、わりに好感度が高そうである。
前にもお話ししたように、ヨーロッパの街角では黄色の車をよく見かける。

しかし日本ではあまり評判がよくない。
エキセントリックな印象を持たれている。
ほとんど経験がないけれど、街で黄色の車を見かけると芸能人が運転しているのかと思ってしまう。

黄色の服は着こなしがきわめて難しい。
取扱注意の色なのだ。

うかつに黄色を扱うと、足をすくわれそうな気がする。
だから「気をつけろ!」にはぴったりなのかもしれない。

|

« 色と象徴 | トップページ | 色と象徴(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 色と象徴 | トップページ | 色と象徴(その3) »