« 岩と石 | トップページ | 村と町 »

2014年5月17日 (土)

岸と浜

やはらかに柳あをめる
北上の岸辺目に見ゆ
泣けとごとくに

これまでわたしたちがゆらゆら下ってきた川が北上川だったとすれば、五月の風に揺れる岸辺の柳も楽しめたかもしれない。
やわらかな新緑の季節である。

そしてもう少し下れば白々とした「イギリス海岸」も見えてくる…。
海はまだだいぶ先なのに海岸とは変だけれど、宮沢賢治はその白い岩肌を見てドーバー海峡を連想したのだそうだ。

ところで「岸」には「陸地と水界の境い目」という語義がある。
水界が海なら「海岸」だし、湖なら「湖岸」になる。

水界が川なら「川岸」だけれど、この場合は海岸や湖岸とちがって「せんがん」と字音で読んだりはしない。
「かわぎし」とあくまでも和語で通す。

少し前に川については日本語話者は「かわ」原理主義者だというお話をした。
その原理が「川岸」でも貫徹されて「かわぎし」と呼ぶ以外の選択肢はないのだろう。

川岸に人がたたずむことができるくらいのスペースがあれば、「ほとり」という意味を持つ「辺」という語をくっつけて「岸辺」という詩的な言いかたができる。

だいたい「水辺」や「みぎわ」や「渚」と同じ意味。
そして、海の近くなら「海辺」になるしそこに砂浜が広がっていれば「浜辺」になる。

しかし、湖のほとりは「湖辺」とは言わない。
「湖畔」という特別にロマンチックな語がある。
「こべ」では語呂が悪いからだろうか?

ともあれ「辺」にしろ「際」にしろ、境い目という空間は一種のアジールかもしれない。
そこは日常とは一味違ったことばやイマジネーションが生まれるところ。
そういえば、山地が野に移り変わるあたりもお寺や神社など宗教施設が立地していることが多い。
やはり境界域は霊の集まりやすい異界なのだ。

ところで「岸」も「浜」も日本人の姓によく用いられている。
「岸本さん」や「浜田さん」はそのへんにごろごろしている。

このところ話題になっている一字姓ももちろんある。
安倍総理のおじいさんは「昭和の妖怪」と呼ばれた「岸信介」さんだし、経済学者の「浜矩子」さんは最近よくマスコミに登場するおばさんだ。

残念ながら、おしまいはあまり詩的ではなくなった。

|

« 岩と石 | トップページ | 村と町 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 岩と石 | トップページ | 村と町 »