« 凡人の悩み | トップページ | 頭としっぽ(その2) »

2012年12月 2日 (日)

頭としっぽ

「話し」には「お」がつくけれど、「語り」には「お」がつかない。
「思い」や「考え」にも「お」はつけることができるが、どことなく不自然だ。
「話し」にも「しゃべり」にも「お」がつくけれど、つくことによる効果は同じではない…。

ここしばらく、言語活動にかかわる語彙に「お」をくっつけたりはがしたりして遊んでみた。
遊びながら、不思議の思いにとらわれた。
どうしてこんな違いが生まれるのだろう?

ちっぽけな接頭辞にすぎないのだけれど、そのふるまいは謎めいている。
たった1音節の、音の切れ端のような存在だけれど、馬鹿にはできない。

英語にだって、「dis-」だとか「un-」だとか、接頭辞と呼ばれる要素はある。
でも、「お」とは少し性質が違う気がする。

「dis-」や「un-」は、あとに続く語幹に対して積極的に意味作用を及ぼしている。
けれども「お」の場合、あとに続く語彙に対する作用はもっとあいまいで漠然としている。

そのせいで、「お」のはたらきを観察し分析しようとすると意外にてこずる。

なぜ「話し」には「お」がつくけれど「語り」には「お」がつかないのか?
「お話」は話の中身を意味するのに、「おしゃべり」は発話行為そのものを意味するのはなぜか?

私は専門家ではないので、ここから先の詮索は言語学徒にまかせてもう少し遊びを続けてみたい。

「お」のおもしろいところは、「さま」や「さん」などの接尾辞とタイアップして仕事をすることだ。

たとえば、「いも」という基本語彙がある。
頭に「お」をくっつけて「おいも」と言う。女の人がよく言う。

さらに、しっぽに「さん」をくっつけて「おいもさん」と言う。関西のおばちゃんがよく言う。
「いも」よりも「おいもさん」のほうがずっとおいしい。

たとえば、「つき」という基本語彙がある。
「いも」とちがって、頭に「お」をくっつけて「おつき」と言うだけではおさまらない。
しっぽに「さん」をくっつけて「おつきさん」と言う。
あるいは格をあげて「さま」をくっつけて「おつきさま」という。
ただの「つき」よりも「おつきさま」のほうが、ずっとロマンチックで美しい。

こうして「いも」も「つき」も、接頭辞と接尾辞によってサンドイッチ状態になる。
でも、その操作のプロセスや効果は単純に同じではない。

「いも」や「つき」だけでなく、サンドイッチに仕上げることのできる名詞はまだいくらでもある。
まことにことばの世界、料理の素材、遊びの種は尽きない。

|

« 凡人の悩み | トップページ | 頭としっぽ(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 凡人の悩み | トップページ | 頭としっぽ(その2) »