« 地名と漢字表記(その5) | トップページ | 表音文字の表意性 »

2010年5月31日 (月)

「かね」と「きん」

しょせん、文字は音声をつかまえることができない…。

という詠嘆が今も続いている。

いくらカタカナが表音文字のホープだといばってみても、「マクドナルド」はあのハンバーガーチェーンの原音とはほど遠い。

ローマ字はそのカタカナよりさらに分析力の高い音素文字だけれど、それでも「北京」の原音を忠実に再現できるわけではない。

漢字になるとその表音機能はさらに落ちる。
とりわけ生まれ故郷を離れた日本語の世界ではそうである。

たとえば、「金」という漢字がありますね。
とてもよく使う漢字である。

この漢字について、日本語では二通りの読み方つまり音声化ができる。
そして、読み方によって意味がまるで違う。

子供向けのテキストでないかぎりルビは振っていないから、わたしたちは文脈から「金」の意味を確定し、「かね」と読んだり「きん」と読んだりする。

ところが経済をテーマにしたテキストでは、「金」のふたつの意味が入り乱れ交錯することがしばしば発生する。
文脈からは容易に判断できないし、意味を取り違えると誤解を招く。

そんなときはどうするか?
結局、大人向けのテキストであるにもかかわらず、書き手は「かね」または「きん」とルビの振らなければならない。

この場合、漢字は表意文字と言いながら意味を表すことができない。
かわって、かなが表意機能を果たしている。

つまり、「金」の持つ二つの意味を分割し確定するにはかなの助けを借りなくてはならないのだ。

おぼえておられるだろうか?
少し前に、漢字の意味分割機能についてお話をしたことを。

このときは、「かく」という動詞の意味を漢字を用いて「書く」、「描く」、「掻く」に分割した。
また、「はなす」という動詞を「話す」、「離す」、「放す」に分割した。

これらの例では、かな表記に含まれる幅広い意味を漢字が明確に分割している。
その時は、さすが表意文字の雄、漢字!と称賛を惜しまなかった。

しかし、「金」では逆にかなの助けを借りなければならない羽目に陥ったのだ。

本当にことばの世界は一筋縄ではいかないものですね。

|

« 地名と漢字表記(その5) | トップページ | 表音文字の表意性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 地名と漢字表記(その5) | トップページ | 表音文字の表意性 »