« 「まな」と「かな」(その4) | トップページ | 「まな」と「かな」(その6) »

2009年12月20日 (日)

「まな」と「かな」(その5)

「インフルエンザが流行る」と書いていいのかどうか。

前回、その結論は各自さまざま、人それぞれということで話をおさめた。

もちろんそれでいい。
日本語の書き手には、表記の特権的自由があるのだから。

他の文字圏では経験しなくていい葛藤や悩みや混乱の代償として得た自由である。

ただし、私個人としては「流行る」は用いない。
たとえワープロが「流行る」を第1候補として表示しても、私はもういちど変換キーを押す。

なぜ?

日本語には、「はやる」と同じ意味を持つ「流行」というりっぱな漢語がある。
そして、この語には「りゅうこう」という本来の(日本式)字音が確立している。

それなのに、おしりに「る」をくっつけて「はやる」と読ませるのは、いくらなんでも無理筋ではないだろうか?

読み手の立場に立って考えてみよう。

「りゅうこう」という字音が定着しているために、かれはつい「インフルエンザがりゅうこう…」と読もうとする。
しかし、そのうしろに「る」がくっついていることに気づいてあわてるのだ。

そして、「流行というのは、はやるということだから…」と心の中で大急ぎで漢和翻訳を行い、「はやる」と読まなければならない。

つまり、「流行る」は読み手に余計な負担をかける不自然でトリッキーな表記なのだ。

はじめから「インフルエンザがはやる」とかな表記をすれば何の問題もない。
どうしても漢字を使いたいなら、「インフルエンザが流行する」と漢語を使えばいい。

それが読み手にやさしい表記というものではないだろうか?

「流行る」がOKなら、「伝染る」を「うつる」と読ませるのだってOKのはずだ。
「流行る」を受け入れることは、日本語表記を際限のない混乱に導いていく。

ただでさえ無政府状態にある日本語表記に、何が悲しくてさらなる混乱を持ち込もうとするのだろう?

では、「流れる」を「ながれる」と読ませるのはどうなのだ?
同じことではないか、という反論があるかもしれない。

しかし、「流行」という確立した漢語と「りゅうこう」という字音の結びつきは、「流」という単漢字と「りゅう」という字音の結びつきよりもはるかに強い。

訓読みという習慣がある以上、「流れる」という表記にはさほど無理はない。
それに、分かち書きをしない日本語表記では適度に漢字を交えることは読みやすさにつながる。

「流れる」は、「流行る」と違って読み手にやさしい表記なのである。

ところで、「おいしい」と「美味しい」はどちらが多数派だろう?
いちどアンケート調査をしてみたらおもしろい。

もし「美味しい」が多数派を制するようなら、私の見解は受け入れてもらえそうにもありませんね。

|

« 「まな」と「かな」(その4) | トップページ | 「まな」と「かな」(その6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「まな」と「かな」(その4) | トップページ | 「まな」と「かな」(その6) »